MOZ SEO対策│2019年の最新情報をお届け

海外SEO MozのSEOブログから最新(2019年随時更新中)のSEO情報を紹介します。Mozのドメイン・オーソリティ(DA)いわゆるドメインパワーや被リンク、スパム情報、中古ドメインなど、SEOに関するブログです

Mozのアルゴリズム変更に伴いドメインオーソリティー(DA)が下がったという相談がありました。 Domain Authority 2.0を発表 https://moz.com/domain-authority-2.0 新しい基準のドメインオーソリティが発表されて。2019年3月5日に新DAがスタートしました。 DA 2.0の紹介 ドメインオーソリティは、SEOランク付け能力の独自の指標として、現在の検索エンジンの評価基準(アルゴリズム)を予測した新基準となります。 個人的にMoz DA数値は信頼できない部分がありましたが、アルゴリズムにいくつかの新しい要素を取り入れており、以前のDAより信頼できる指標となったと思います。 新DAとなったことにより、DAが下がったというお声を多数いただきました。 例えば、40、30台の数値が一桁になったなど、大幅に下落したサイトもあったそうです。 私が管理しているドメインも大幅に下落したものもありますが、予想通りといったところです。 というのも、元々DAはそこまで信頼できない数値でありました。 スパムサイトからの被リンクも一定の評価を与えており、DAに反映されていたからです。

Domain Authority(ドメインオーソリティー)は、DAを略されており、Mozが開発した検索エンジンの独自のランキングスコアであり、どれだけのWebサイトは検索エンジンの結果ページ(SERP)にランク付けされるかを数値化したもの。
DAのスコアは1から100の範囲で、スコアが高いほどランク付けの能力が高いことを表します。
(単純にDAが高いから良いとは限りません。)

ドメインオーソリティーは、ドメインの被リンク要因を単一のDAスコアに評価することによって計算されます。このスコアは、Webサイトを比較したり、Webサイトの「ランク付けの強さ」を追跡したりするときに使用できます。

検索ランキングを決定する際にGoogleが使用されるメトリックとのSERPs、アルゴリズムには影響しません。
ドメインオーソリティーの数値の基準 「良い」ドメイン機関とは何ですか? 一般的に言って、非常に多数の高品質の外部リンク(WikipediaやGoogle.comなど)を持つサイトはドメイン認証局スケールの最上位にありますが、インバウンドリンクの少ない中小企業やWebサイトはDAがはるかに低い場合がありますスコア。真新しいウェブサイトは常に1のドメインオーソリティスコアで始まります。 ドメインオーソリティーはサイトのランキング能力を予測することを目的としているため、非常に高いDAスコアを取得することが目標にすることではありません。 SERPで直接競合しているサイトのDAスコアを調べて、競合他社よりも高いスコアを目指します。 検索結果を調べたり、どのサイトが他のサイトよりも強力で重要なリンクプロファイルを持っている可能性があるかを判断するときに、(絶対的で具体的なスコアではなく)比較指標として使用するのが最適です。 これは比較ツールなので、必ずしも「良い」または「悪い」ドメイン機関スコアはありません。 高いDAに上げるためには。 Webサイトが高品質の被リンクが構築するにつれて、そのDAは時間の経過とともに増加します。 膨大な数のバックリンクがあるウィキペディアなどのWebサイトには、非常に高いDAがあります。

Mozとは、2004年に設立されたシアトルに拠点を置くSEOやマーケティングのコンサルティングやサービスを提供している会社で、世界的に有名なSEO関連サイトです。 SEOコミュニティーを確立して、インバウンドマーケティング、リンク構築、キーワード調査、サイト監査、そしてコンテンツマーケティングを容易にするツールを構築しており、サイト運用やSEO分析、中古ドメインの選定にも利用できる世界的に有名なツールです。

↑このページのトップヘ